どもりと頭の回転には関係があり、頭の回転が速いせいでどもってしまうというのは本当なのでしょうか? 結論からいうと本当だと思っていいでしょう。 どもってしまう人は基本的に頭の回転が速いといわれています。 頭の回転が速い人の場合、その早さに言語が追いつくことができません。 その結果、どもってしまうことが多いのです。 どもりの人は周囲から馬鹿にされることもあるため、自分自身に自信を持つことができない人も多いでしょう。 しかし、普通の人よりも頭の回転は速いはずなので、自信を持ってください。 他の人よりも優れているからどもってしまうと考えると少しは心が楽になりませんか? そして、これを改善するためには話したいことを頭の中でまとめて、その後にゆっくりと話すというクセをつけてください。 このクセをつけることで、頭の回転によるどもりはかなり改善するはずです。 どもりに悩まされている人は頭の回転が関係しているかもしれないので、一度この方法を実践してみてください。